2017年9月25日月曜日

仕事道具01-下書きに使う道具1

マンガのアナログ作業に使う道具について、記録として書いておく。
一通り記事がまとまったら、ゆきとの書斎にページを作ってまとめようと思います。

画像右側上から

・三菱ユニホルダー芯2B
ステッドラーの2B芯よりも線の乗りがよく書き味が柔らかい。詳細は下記参照。

・ステッドラー マルス テクニコ 芯ホルダー
製図用2mm芯専用ホルダー。芯は上の三菱ユニ2Bを使用。
人物などほとんどの下書きをこれで行う。以前は木の鉛筆を使っていたが、電動鉛筆削り機が壊れてしまったので試しに使ってみたところ非常によかったので続けて使っている。
木の鉛筆に比べて金属のホルダーなので若干重いが、鉛筆と違って、削っても軸が短くならないので常に適正なバランスで描くことができ、芯も残り2センチぐらいまで使えるので長い目で見れば鉛筆よりも経済的のような気がする。
芯は左の芯研器という道具を使って研ぐ。

・水色の軸のシャープペンシル
コクヨの0.7ミリシャープペンシル。ユニの「消せるカラー芯ブルー0.7ミリ」を入れて青線のあたりを入れたり、トーン指定をするのに使用。

・黄色い軸のシャープペンシル
パイロットの0.3ミリシャープペンシル。芯は三菱Hi-uniの2Bを使用。細かく精密な下書きをするときに使う。

・青い軸のシャープペンシル
同じくパイロットの0.5ミリシャープペンシル。芯は三菱Hi-uniの2Bをおもに使用。
下書きの主役は芯ホルダーに譲ってしまったが、ネーム、背景の下書きなど、いまだ用途は多い。
僕が下書き用シャープペンに求める要件は以下の通り。
1.先端が定規を使うときにも使いやすい形状で、伸び縮みしたりせずしっかりした金属製であること。
2.軸にラバーなどを使ってないこと。ラバーやエラストマー樹脂は耐久性に問題があるため。
3.クリップがついていること。転がり防止のため。
4.軸の太さ・長さが適度であること。特に長さが重要で、僕は絵を描くとき軸の後ろの方を持って描くことも多いため、市販の大半の筆記用シャープペンは短すぎる。
5.軸の色が黒・シルバー以外であること。道具皿の中の他の筆記具と見分けやすくするため。マンガに使う筆記具は黒やシルバーやグレーが多いため、同じような色だと発見するのに無駄な時間を使うことになる。
このパイロットのシャープペンシルはどこにでも売っているような物だが、以上5つの条件をクリアした優れものである。

・(左)ステッドラー 芯研器 マルス 502
2mm芯専用の回転式芯研器。
他のメーカーにはない構造の芯研器で、クランクのように回転させて素早く研ぐことができ、ストレスがない。

欠点は芯の粉を落とすための消耗品のフィルターがめったに売っていない上、値段が高いこと。まぁ芯の粉はティッシュで落とせばいいだけなのでそんな大問題ではないが…。

2017年9月21日木曜日

いぬも来たよ!

昨日からうちの子になった「ぶっちゃー」。
生まれて三ヶ月のパグの女の子です。

新車は来たし子犬は来たしで大忙しです。

2017年9月19日火曜日

新車買いました!!



スバル・レヴォーグD型1.6sti来たー!!

5月に発注し、このたびやっと納車となり、9月17日の台風接近の大雨の中、下館のディーラーに取りに行きました。
翌日からは台風一過で晴れてくれたので、少しそのへんを流してみました。

まず試乗したときから感じていたのですが、以前乗っていたレガシィ・アウトバックと車重はほとんど変わらないのに、非常に出足がいいこと。重量が半分ぐらいの車に乗っているような軽快さです。
アウトバックの排気量2000ccに対しレヴォーグ1600ccと400ccも小さいのに非力さはまったく感じないのは驚きです。
1900回転ぐらいからはターボがききだしてさらにグイッと加速します。
ステアリングやスイッチ類すべての感触がカチッとカチッと確実にタイトに動く感じで、すごく乗っていて楽しい。

車の運転歴だけは30年近くある僕ですが、「本当の」運転の楽しさを初めて知ったような気がする!!

2017年8月12日土曜日

ダースベイダーのアクションフィギュア

自分のフィギュアコレクションの中にちゃんとしたダースベイダーのフィギュアがないことに気付き、アマゾンで調べてみると、今は色々ありますねぇ~。
そこで、まずはメディコムトイのダースベイダーのアクションフィギュアを買ってみた。

iMacにはじめから入っていた宇宙の壁紙をバックに撮影。

なかなかさまになってるんじゃないでしょうか。

2017年8月11日金曜日

仮面ライダースカルのフィギュア

仮面ライダースカルのフィギュア買った。
かっこいいぜ…。

僕は仮面ライダーのデザインに関してどうしてもゆずれないことが一点ある。
それはフェイスの目の部分が丸い複眼であること!
バイザータイプは戦隊もので充分!ましてやマンガみたいな目は論外!

その点で仮面ライダービルドは期待してます。

2017年8月3日木曜日

日本酒がうまい

ここ最近、日本酒のうまさに目覚め、はまっています。

僕はもともと下戸で、これまでの人生お酒を飲むことを避けてきたのですが、去年あたりからつーちゃんに勧められてウイスキーの水割りを嗜むようになりました。

その後お土産で泡盛と紅茶のリキュールをいただき、飲んでみたところ
「こんなうまい物がこの世にあったとは~!!」と驚き、いろいろなリキュールを試してみたりしました。

今年の春に神社で口にした御神酒が予想外においしくて、「これは!!俺は日本酒も合うかもしれん!!」と思い、ドンキホーテのお酒コーナーで試しに「上善如水 純米吟醸 」300mlを買い、おちょこも買い、飲んでみると
「なんだこりゃあ!?こんなうまい物がこの世に(以下略)」となってしまいました。
お米から造られているお酒なのに、果物のようなフルーティな香りが口中に広がり、後味もさわやか。

日本酒に関する本を何冊か読み、製法や分類についてちょっと勉強して、ますます興味がわきました。

現代は歴史上もっとも多様でおいしい日本酒が飲める時代だそうです。

2017年4月29日土曜日

九州旅行に行ってきました

原稿も無事終わり、コミックスの原稿も収めることができました。
銃夢火星戦記第4巻は5月23日発売予定です。

4月21から24日にかけて奥さんと九州旅行に行ってきました。
九州には約20年前にも鹿児島~屋久島に行ったことがあるのですが、今回は熊本~宮崎を見てきました。

奥さんの強いリクエストにより、まずは阿蘇ファームビレッジに一泊。
前年の熊本地震により、途中の国道が寸断されて復旧工事中だったりして、行くのに道に迷いましたがなんとか到着。
写真のようなドーム型のバンガローが多数あり、この中の1つに泊まりました。


阿蘇は高原なのでけっこう気温が低く、朝方は6度ぐらいで長袖じゃないと寒かったです。
阿蘇ファームビレッジは宿泊施設、温泉、レストラン、動物園、アスレチックなどがある複合施設。地震の被災からの復興で三分の一ぐらいは工事中のような印象でした。
GW前なのでお客は少なめでした。
周りの山肌が地滑りではげていたりして、地震の激しさをものがたっていました。がんばって復興してほしいです。


動物園内のカピバラとマーラ。
この動物園には「ヤスオさん」という名前の有名なカピバラがいて、大のカピバラファンの奥さんはヤスオさんファミリーと触れあえてご満悦の様子。
初日は曇りがちで雨がぱらついていましたが、翌日からは天候に恵まれ、帰るまで非常にいい天気でした。

宮崎県へ移動し、高千穂峡を見て、延岡で一泊。
そして待望の高鍋大師へ。

昔「珍寺大道場」という本で知って以来惚れ込み、ずっと行きたかった高鍋大師。

旅行前にネットで情報を集めたのですが、「ものすごくわかりにくい所にある」らしい上、熊本地震後の情報がなくて、「もし像がことごとく倒壊してたらどうしよう…」と不安に駆られながらの来訪。

カーナビには高鍋大師は表示されず、しかたなく近くの警察署を目標にして移動。
有料道路から出て程なく「高鍋大師はこちら→」という小さな看板を発見、カーナビをキャンセルして看板に導かれるまま、ものすごくのどかな田舎道を行きます。
人家はなくて、対向車が来たらすれ違えないくらい細い道。
畑の中には緑に包まれた土盛り(古墳)が点々。
するとひらけたところに砂利で整備されたけっこう広い駐車場に出ました。
小高い丘の上で、海が見渡せるすごい景色のいいところに古代遺跡のような石像群が!

心配していた地震の被害もなく、予想をはるかに超える良い景色の場所でした。
数年前に宮崎県観光遺産にも指定されたそうで、ものすごくモダンなデザインの「といれ」もありました。

雲ひとつない青空に映える「かみなりのかみ」の像。
プリミティヴなパワーに満ちている。
「岩岡弘覚八十四さいのさく」とある。
岩岡氏が若いころの作は小さく写実的で、よくあるデザインの石仏なのですが、歳を召されるにしたがって題材もデザインもサイズもどんどん奔放になっていき、最終的には「ロボット仏」と形容される比類のない存在感を持つ巨像に到達してしまいました。
すばらしすぎます。

その後奥さんの知人TさんOさん兄妹のガイドで堀切峠の「鬼の洗濯板」や鵜戸神社を見て回りました。
結婚祝いと言うことで夕食をおごっていたたきました。ごちそうさまでした!

その後シーガイアというところにあるシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートというすごい立派なホテルに一泊。
海が見渡せる23階。
今まで泊まったホテルの中でも屈指の豪華さでしたが、GW前のためかお値段は驚くほど安くすみました。

そして24日つくばに帰還。

途中うっかりメガネを紛失してしまい、そのあとずっと度入りのサングラスをかけて過ごすはめになるなどのトラブルもありましたが、すごく楽しい旅行でした。